読書好きな友人は
毎週公共図書館へ行っているそうです。

私はというと、最近読書なんてしていないです。

というか、もともと本に興味がないほうなのかもしれません。

そういえば、小学生のときの
図書の時間は決して好きではなかったです。

読む本をなかなか見つけられなくて、
他の子が読み始めてもまだウロウロと探していたのを思い出します。

ほぼ毎時間でした。

結局、いつも適当な本を手にして
読んでいるふりをしていたように思います。

今思えば、もったいないことをしたなと思います。

苦い思い出です。

読書好きなその友人は、
話題が豊富でとても素敵な人です。

今度、彼女といっしょに図書館へいって、
まずは、お勧めの本を聞いてみようかな。

素敵な本に出会えるといいな。